ブログ│新松戸・馬橋で歯科・歯医者をお探しの方はじゅんファミリー歯科まで

047-705-4743

047-705-4743


WEB予約はこちら
診療時間
9:30~13:30 ● ● ● ● ● ●
15:00~19:00 ● ● ● ●

14:30~17:00  休診日:水曜・祝日

ブログBlog

レーザー治療ってなんですか?

2018年11月13日

みなさんこんにちは、じゅんファミリー歯科の院長はらこです。

さて、今日はレーザーについてです。

 

「レーザー治療」と聞くとなんか怖い感じがしますね。

ビームが出そうな感じです。

レーザー治療といっても使用する機材でその出力が変わります。

出力によって治療できる対象(歯なのか粘膜なのか)が変わりますが、当院には炭酸ガスレーザーの機械があります。

この機会は比較的ピンポイントのに照射が可能で、皮膚科などではシミやイボの除去に使われるそうです。

水分に吸収される性質があり、組織に熱として伝わり治癒の促進や痛みの緩和などを行うことができます。

 

例えば、口内炎でこすれるだけで痛いとき、レーザーを当てることで痛みが緩和されます。

あるいは、顎関節症で顎の痛みがある方に温熱療法としてレーザーを当てることもあります。

また、抜歯をした後に充てることでコラーゲンの集まりがよくなり、傷口がふさがるのが早くなったり、穴になった骨が元通りに埋まりやすくなります。

 

当院のレーザー治療でできないのが、虫歯に直接レーザーを当てて治療することです。固い組織に対してのレーザー治療は行えません。

 

と、まぁ治療の補助的な部分でレーザーは活躍します。気になった方は是非一度ご相談ください。

当院のカウンセリングについて[院長はらこ]

2018年11月1日

みなさんこんにちはじゅんファミリー歯科院長はらこです。

 

みなさんは歯医者さんで、カウンセリングを受けたことはありますか?

「カウンセリング」と聞くと、精神療法的なところを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、当院でのカウンセリングは「患者様のお話をきちんと聞くこと」にあります。

 

歯科用のいすの上で痛いところだけのお話を聞くのではなく、専用のカウンセリングスペースで「治療してほしいところ」だけでなく、「どんな治療を望んでいるのか」、歯科に対する「不安や悩み」はないか、「もっと私たちにできることはないか」を患者様とともに探していくのです。

もちろんこのカウンセリングは保険診療には含まれません。ただ、私たちの「患者様のお話をよく聞く」というモットーを反映してじゅんファミリー歯科の医療サービスの中に組み込んでおります。

 

昔の話になりますが、大学院時代、歯科衛生士学校の学生さんが病院実習に来た時、科の代表としてお話をしたことがありました。

「恥ずかしい話ですが歯科医師は、時として口の中しか見えなくなる時があります。みなさんはそういう時に、患者さんの一番近くにいることができるひとになります。患者さんの気持ちにいち早く気づき、寄り添ってあげられるような衛生士さんになってください。」と。

 

チームとして医療を行うことが患者様にとって最大のプラスになるような医院づくりをしたい。そのためにカウンセリングという体制で、まず皆様をお迎えしたいと思っております。

歯の沁みと染み[院長はらこ]

2018年10月23日

こんにちは「じゅんファミリー歯科」院長はらこです。

空気が冷たくなって季節の変わり目を感じるようになりましたね。皆様ご自愛下さい。

 

さて、寒くなると歯がしみる方いますね。僕もそうです。

冬になると息を吸うだけで痛い、しみるそんな時もあるかもしれません。

 

なぜ歯がしみるのか。大きく分けると三つほど言えると思います。一つは虫歯、一つは根の周り、最後はそれ以外。

虫歯はわかりやすいですね、今まで穴がなかったところに虫歯によって穴が開いて、冷たいものがしみてくる。根の中にばい菌が入るとさらにしみる。では、二つ目の根の周りとはなんなのか。

歯の根っこの周りには骨と繋ぐクッション・じん帯である歯根膜という部分があります。ここは普通にご飯を食べるには問題ないのですが、強い力、持続的な力、横に揺さぶる力がかかると炎症が起きます。すると根の中に入り込もうとする神経にも炎症が起き知覚過敏になるのです。

まだまだ言いたいことはありますが、詳しいお話をご希望の方はぜひご来院ください。

 

さてシミといえば歯の着色もあります。当院のホワイトニング「スーパーポリリンホワイトニング」は歯の表面をコーティングする作用があり、染みにも効果的です。

歯も白くなって、しみもよくなってお得です。ぜひ一度ご相談ください。

息子の歯が抜けました[院長はらこ]

2018年10月18日

みなさんこんにちは「じゅんファミリー歯科」院長はらこです。

 

小学校一年生になる息子の歯が抜けました。

日本では抜けた歯は、下あごなら屋根の上に上あごなら軒下に投げ入れます(地域によるとは思いますが)。

 

海外事情は日本とちょっと違うようです。

中国では下あごの歯を下に投げ、上あごの歯を上に投げるようです。アジアは投げちゃう系。

イギリスなどの欧米は枕元に置いておくと妖精がコインに変えてくれるようです。買取系。

中東などではネズミなどの歯の強いいきものの巣穴に投げ入れる風習もあるようですね。動物系?

 

うちの子は早生まれなので歯が抜けるのも遅いですが、いわゆる6歳臼歯もまだ生えていません。歯が生えるスピードは個人差が大きくそのスピードは体の成長によるところもあります。二年ぐらい誤差があるようですが、1年以上遅い場合は僕はレントゲンを撮影することをお勧めします。

 

大人の歯は大きいので子供の顎の骨に並びきりません。顎が成長して歯が並ぶスペースが生まれてくると歯は生えてくるのです。

また早めに乳歯を抜歯すると生えるのが遅くなるというデーターもあります。乳歯の根が永久歯の生える道筋を作っているのです。

虫歯などで大きく壊れたり、腫れが収まらず、泣く泣く抜歯することもありますが、そういうときは僕は「生えるのが遅くなるかもしれません」と一言付けたします。

 

グラグラしていれば歯は自然に抜けます。息子のお友達は自分でペンチを持って抜いちゃうらしいのですが、、、それはスゴイ。

 

 

 

 

たばこと歯周病[院長はらこ]

2018年10月11日

みなさんこんにちはじゅんファミリー歯科院長のはらこです。

 

たばこ。

僕も以前は喫煙者でしたので気持ちはわかります。

でも、歯科医学の立場で言うとたばこは「吸っちゃだめ」なものです。

 

歯科医学生時代に呼吸器内科の授業や公衆衛生の授業でかなり辛辣に喫煙者の方の批判をしていた記憶があります。とてもここでは書けないようなワードが、、、ォゥ

それくらい専門医の方にとって「百害あって~」というものなのだと思います。

肺機能の低下や、特にがんとの関連は強く示唆されていますね。

 

歯科医院の定期健診に行くと「たばこは歯ぐきに悪いですよー」と言われます。煙草に含まれるニコチンやタールが歯周粘膜の血管やリンパ管に作用して免疫機能や粘膜の機能自体を低下させるからです。

ちょっと調べてみましたが、「歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなる」(日本臨床歯周病学会ホームページより)と書いてありました。出典や論文の中のアプローチの仕方がわからないのでどれだけの信ぴょう性があるかわかりませんが、「生活習慣の中で一番歯周病になりやすくなる行為」という位置づけはかなり確かなようです。(日本歯周病学会のガイドラインより)

加熱式たばこを吸っていると着色は確かに少なくなりますが、リスクとしてはゼロではないでしょう。気化する成分には微量ながら煙草の成分が含まれているようです。

 

禁煙外来を紹介する歯科医院もあるようですが、当院ではそれほど強く禁煙を勧めません。しかし、パッケージに書いてあるように「あなたの健康を損なう恐れがあります」のでやんわり禁煙をお勧めします。

予防歯科と私②[院長はらこ]

2018年10月7日

みなさんこんにちはじゅんファミリー歯科の院長はらこです。

 

前回の続きです。

予防歯科を学問として専攻しようと思った私ですが、見識を広めたい(学費も安くおさめたい)と思い、出身の岩手医科大学ではなく東北大学の大学院を選びました。

 

そこでまず統計医学の基礎から、論文の読み方を教わりました。教授の考えで「見識を広めなさい」ということで歯科口腔外科へ半年間出向し、手術や外科的な診断、治療のアプローチを学ぶことになりました。

半年後予防歯科に戻ると、白血病などで長期入院されている方の口腔ケアを担当しました。

途中、東日本大震災などもあり、被災地へのボランティアなども経験しましたが、それらよりも私の人生を大きく変えたのが子供でした。

 

大学院在学中に結婚したのですが、その一年後に長男が生まれました。さらに実父の体調が悪化したこともあり、現時点では学業との両立が難しいと判断し、大学院は中退することとなりました。ここで私は学問としての予防歯科とはお別れをすることになりました。

 

その後勤務医となり、私は一般歯科の手技を学んで行くのですが、予防歯科を通じて様々な分野で学んだ知識が私の基盤になりました。様々な立場から多角的に物事をとらえ検証する。それが臨床の場であれば患者さんが訴える症状を正確に診断し情報を開示していく。

それは今後も変わらない私のスタンスとなると思います。

予防歯科と私①[院長はらこ]

2018年9月30日

みなさんこんにちは!

 

じゅんファミリー歯科院長はらこです。

さて、自分の事ばかり書いて恐縮ですが、また私の話です。

 

もう10年以上前の話ですが。歯科医学生時代、私は自分の進路について考えておりました。

歯医者といってもいろいろです。「一般歯科」という分野もありますが、「口腔外科」「補綴」「保存」etc…いろんな分野に分かれています。(この分野に関してはまた別日に書いていきましょう)

人に教えるのが好きだったので、大学や他の学校で「歯科に関する教鞭をとれたらいいな」と考えていましたが、「何かを教えるとなればそのプロフェッショナルにならなければ」とも考えていました。

 

そんなある日「障がい者歯科」という講義の中で、「手の付けられない暴れん坊の患者さんの歯を治療したら、性格が嘘のように穏やかになった。」というエピソードを聞きました。

一人の人を治療しただけで、その人のみならず、家族や介護する方、みんなが幸せになったというその話に私は大変に感銘を受けました。

 

院内研修で障がい者歯科に出入りしているとき、予防歯科学の先生に会うことがありました。「予防歯科」とは歯科の疫学などを中心とした分野で「先生は予防歯科の先生なのになんでここにいるんですか?」と質問したところ。

「予防歯科は何をしてもいい分野なんだよ」と教えてくださいました。

??

何をしてもいいとはなんだろう。そこから私は予防歯科に興味を持ち始めました。

 

「予防」という言葉は実に便利で、統計を駆使した疫学分野もあれば、失った機能を回復させるリハビリテーションにも使われたり、一般開業歯科では継続的な歯科メインテナンスの意味でも使われます。

さらに、予防歯科には歯科衛生分野も請け負い、衛生士さんを教育する立場にもありましたので、学校の先生的にもなれるし何を研究してもいいのであればこれは好都合だと思い、私は予防歯科の世界に足を踏み入れることになったのでした。

②へつづきます

日々勉強です。[院長はらこ]

2018年9月27日

みなさんこんにちは!

じゅんファミリー歯科院長のはらこです。

台風が近づいているということで、今日も天候が安定しませんね。

どんな商売もそうですが、雨の日にはキャンセルも多くなります。

そういうときには、ミーティングです!

空いた時間で院内整備に加え、患者様が安心して当院にお越しいただけるよう、スタッフ間で話し合って気づいたことを改善していきます。

コミュニケーションを図らなければならないのは患者様と医療従事者だけではありません。

「じゅんファミリー歯科」では、医療従事者同士もまたコミュニケーションを図り、より良い医療を提供できるように努力していきたいと思っています。

あと、いつも誰かが怒っていたり、悲しい思いををしているところで働くのは僕もいやですから(笑)

季節の変わり目[院長はらこ]

2018年9月26日

みなさんこんにちは!

院長のはらこです。

最近寒くなったり、蒸し暑くなったり体調管理に気を使いますね。

さて、この診療所の名前は「じゅんファミリー歯科」といいます。僕の名前の「じゅん」が入っているのですが、この名前に至る前には「新松戸ファミリー歯科」「南新松戸歯科医院」「はらこデンタルクリニック」etc…いろんな名前を考えました。

漢字ばかりでは堅苦しいし、長いと覚えにくいし、新松戸と馬橋の中間なので地名を入れると紛らわしい。

いろいろ考えて自分の下の名前を入れることにしました。

皆さまに早く覚えていただければと思います。

それではお体にお気をつけてお過ごしください。

オープンより一週間が経過いたしました[院長はらこ]

2018年9月25日

院長のはらこです

おかげ様で2018年9月18日にオープンすることができました。

内覧会に来ていただいた方で時間があるときには伝えていたのですが、この病院の立ち上げのコンセプトがあります。

ズバリ!「相互信頼の医療を実現する」ということです!!

歯科は「来たくないところ」です。歯科に来て実感できるのは、痛いこと、時間・費用がかかること、治った見た目です。

納得のいく治療、満足のいく治療とは何かと考えたとき必要なものは「その先生の治療を信じれるかどうか」ではないかと考えました。

「患者様も働く人も心穏やかに信頼しあい、より良い未来を患者さまと共有すること」

が当院のモットーです。

東北や千葉県内で10年ほど研鑽を積んでいる中で、自分の理想とする医療・患者様が安心できる医療を実現したいという気持ちが強くなりました。

オープンしてまだ一週間の生まれたての歯科医院ですが、スタッフとともに皆さまに笑顔を届けられるように頑張りたいとおもいます!

1 2 3 4